優良な出会いサイトでも、男性だけでなく、女性から能動的にセフレを募集している例はあります。ただ、男性と同様、この場合にも注意するべきことがあります。悪質サイトとの比較で見ていきましょう。

 

悪質サイトの特徴でもある、「女性がやたら扇情的」という部分、これを男性が心得ているとしましょう。もしセフレを募集したいと考えている女性が露骨なアピール(濃厚なセックスしてくれる人募集!など)をしていると、せっかく本気でも男性は「これは悪質な釣りかサクラかもしれない」と考えてしまう可能性が高いです。さらにまれなケースですが、男性を装ったサクラ業者に近寄られることもあります。ソフトな表現で、場合によってはオブラートに包んで(大人の関係を募集します、など)発言すると良いでしょう。これを心掛けていると、ちゃんとした男性がきちんとアプローチしてくれるようになります。しかし、まだ注意すべき点があります。男性のアプローチの後です。

 

おそらく女性の場合、サクラと疑われるような書き方をしなければ、セフレ募集をかけたとたんに信じられないくらいのメールが届くでしょう。この中には、本当にセフレという関係をドライに続けていきたいと望んでいる男性もいれば、隙あらば交際・結婚までを考えている男性もいることでしょう。サクラと間違われないように最初はオブラートに包んだ方がいい貴女の希望も、メールを何通かするようになってからはちゃんと言わなければなりません。これは無駄なトラブルを避けるためです。相手の男性のプロフィールやほかの書き込みもよく見て、場合によっては直接確認して、本当にセフレ関係だけを望んでいるかを見極めましょう。これは会う前に済ませておいた方が後々困らないです。

 

男性と違って女性はお金がかからない分、余裕があります。少し高みから覗くような形で、冷静に行動しましょう。