悪質サイトがどのように私たちを騙そうとしているのか、それを知っておくだけでも対処のスピードが違ってきます。実態とともに説明していきます。

 

まず代表的なものがワンクリック詐欺と架空請求です。これは、特に完全無料を騙る詐欺サイトに多いです。無料に釣られてサイトを巡回していると、いつの間にか様々なところに登録されていて、登録料などを請求されます。これに慌ててメールや電話をしてしまったりすると、架空の請求が本当の請求になってしまいます。落ち着いて、元の無料サイトを退会するのが賢い選択です。色々なサイトに入会していても、それは本人の意志のない契約(民法で言うところの錯誤による契約で、電子商取引の法律で厳しく規制されていて無効)なので大丈夫です。また、携帯番号やIPアドレスから住所や名前が分かる事は100%ないので、慌てないことが大切です。無論、家に押しかけてきたりすることはありません。

 

同じくらいに多いのが同時登録です。同時登録とは、無料サイトなどに登録すると勝手に提携する同社の有料サイトにも同時に登録されてしまうという手口のことです。登録後には有料サイトのサクラからのメールが大量に届きます。また、このメールから架空請求、後払い請求詐欺などに発展していきます。こちらも契約に有効性はないため、メールアドレスを変更するなどの対策をすればOKです。こうなってしまった時のことを考えて、もともとフリーのメールアドレスなどで登録する習慣を身につけておくのもよいでしょう。

 

詐欺サイトの主要手口は以上ですが、悪質サイトにはもうひとつ、サクラサイトというものがあります。こちらは最初は詐欺と分からないまま事が進んでいくので、事前に入会しないようにすることが大切です。サクラサイトの特徴は、メール送信の料金が非常に高額なことです。目安としては300円を超えるようならほぼ確実に悪質サイトです。料金設定に不審な点を感じたらすぐに入会を辞めましょう。また、万が一気づかずにそのサイトに入会してしまった場合は、自分が相手にしている女性がサクラかどうかを見極めるしかないです。サクラはこちらの残りポイントを把握しているため、会う交渉の途中で会話を引き伸ばしに来ます。怪しいと思ったらすぐに退会しましょう。