出会い系サイトには、デリヘル業者が一般人を騙って書き込んでいる場合があります。これは優良サイトでも言えることで、運営側も一般人を騙られるとので排除しにくいのです。かと言って、対応策がないわけではありません。デリヘル業者を見分けるコツを紹介していきます。

 

まずはプロフィール欄を見ましょう。あまりに扇情的な画像や直接的に淫語を多用していアカウントは、デリヘル業者である可能性があります。もちろん絶対ではないですが、デリヘル業者の多くは男性に興味を持ってもらうためにこういったエロさを前面に押し出して煽ってくるのです。

 

次に書き込みの回数です。真剣にセフレを探している素人女性ならば、一回一回の書き込みに真剣になるはずですので、そこまで数を打たないことが多いです。対してデリヘル業者はかなり頻繁に、場合によっては3分おきくらいで書き込みをしているケースがあります。書き込み頻度も注目してみるとよいでしょう。

 

また、デリヘル業者はほぼ必ず「割り切り」を求めてきます。そのときに、割り切りと明記していなくても、例えば「初回だけは不安なので大人の対応として2万円ほど用意していただけると嬉しいです」などといった文句で釣ろうとしてきます。現金を求めてきている以上、警戒はしておくべきです。

 

最後に、会った段階でピンときた場合(写真と全然違う、話に違和感があるなど)は、お金を払うことなくその場で別れましょう。もちろんセックスがしたかったら構いませんが、その後良好な関係になる可能性がゼロの女性に時間と金をかけるのはあまり賢くありません。理由を説明して、別れましょう。また、念のためメールアドレスを変えるとよいです(フリーアドレスの場合は放置で結構です)。