出会い系につきまとう問題としてどこでもあがっているのが児童買春です。これを防止するために2008年には出会い系サイト規制法が一部改正され、18歳未満の出会い系サイトへの関与がほぼシャットアウトされるようなシステムがつくられ、優良出会いサイトでの児童買春はほとんどなくなったと言って良いでしょう。

 

しかし、その反動からか、優良出会いサイトを介さない児童買春は増加の一途を辿りました。悪質サイトやLINEの掲示板など、今は色々なツールを通じて、18歳未満との性交渉が可能になっています。もちろん、男性も女性もリスクを覚悟で行っているわけですが、ここで注意したいのは、罰せられるのは男性のみ、という点です。
児童買春は5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金が課されるのですが、売春の方は違法ではあるものの処罰の対象にはなりません。もちろん退学等の処分はくだされる可能性が高いですが、それでもリスクは圧倒的に男性の方が高いというのが現状です。つまり、犯罪防止という点では、男性のみが自己防衛しなければならないのです。極端な話、騙しにかかってくる18歳未満の女子の魔の手から逃れるといったような感覚です。

 

そのためにはどうしたらよいでしょうか。まずは前述したような少しでも年齢確認が甘いサイトは使用しないことです。優良出会いサイトでは、女性は男性との交渉段階に移る際に免許証や保険証の提示(画像を添付して送付)の義務が課せられます。ほぼ100%児童買春は防げるでしょう。さらに最悪会う段階になっても、決して自分からはお金を払わないでください。身分証明書の提示を促すようにしましょう。これは自己防衛のためなので、躊躇わずに行うことをお勧めします。